明石海峡大橋 act3 須磨海水族館
c0112583_2104789.jpg
得てして、記憶の中の時間というものは後先が入り乱れるものであって、本当は先に訪れたはずの場所が、後から思い起こされることもしばしばあろう。
・・・・・などと、突込みが入る前に言い訳してみる。

いきなり明石海峡に直行するというのも芸がNASA杉なので(なんちゅう変換するんだIMEのバカ)、本当は六甲に登るとか、異人館に立ち寄るとかすべきだったんだろうけど、風雨をさけて建屋の中で楽しむことにした。
皆さんもそろそろお忘れかも知れないが、この日は台風ですから^^;

天保山の海遊館が出来る前は関西圏の水族館と言えば須磨だった。
沖縄の美ゅら海水族館を見てしまうと海遊館すら“大したことないな”って思ってしまうので、もう須磨なんか・・・・・・(なんか、って言うな!)
c0112583_2252294.jpg
ココにはジンベイザメの「カイ君」もイルカの「オキちゃん」もいない。
つまり目玉が無いんだね。
でも、イワシもアジもいるし、フカヒレもいるしエビもウニもいる。とても美味そうではある。
c0112583_243356.jpg
須磨水族館は正面からの全景がとても格好いいんだが、雨が降ってたのでカメラは出さないw
「だったら書くな」とか言わないこと。それが良識ある関西人っていうものだ。

c0112583_25153.jpg
c0112583_2512584.jpg
c0112583_2514051.jpg
c0112583_251593.jpg
c0112583_2524530.jpg
c0112583_253161.jpg


c0112583_2561590.jpg
海草に見えるけど、ほとんどが魚(ゴンズイ?)だったりする。泳げよ、おまいら。波にユラユラしてるな!魚だろうがw

c0112583_32241.jpg
節操をわきまえる関西人はエレベーターの中で写真を撮ったりはしない。旅の恥は欠き捨てなきゃ損?同乗者は中国人の娘さん達。
故郷に帰って言いふらさないよーに。日本人がみんなこんなじゃないからね~♪

c0112583_393667.jpg
パイプの中の不ぞろいなアナゴ達。名前のまんまの行動に拍手w

c0112583_3173361.jpg
c0112583_3175318.jpg
ツノガエル、角があっても弱そうだ。隣りは踏み潰されたようなペッタンコのカエル。名前はピョン吉。

c0112583_326699.jpg


c0112583_328067.jpg
まだ続く。(エンドレスかよ・・・・・)
[PR]
by shigekings | 2007-07-24 03:31 | 日記
<< 恥を忍んで載せてみた・・・・ 明石海峡大橋 act2 >>