秋祭り-蚕の社
※注:フラッシュ無し、三脚無し(一脚は使ったけど)なのでアップにすると微妙にぶれてる^^;
なので、しげしげと見ないよーにw
全て50mm単焦点レンズで撮りました。



c0112583_2071090.jpg
秋深し 隣りは何を する人ぞ


別に秋が深くなくても、隣の人が何をやってる人なのか不明なマンション暮らし・・・・。
左隣は新婚さんで今年、赤ちゃんが生まれた模様。
右隣は昼間から松山千春をガンガン鳴らすオバちゃんが住んでいる。
この程度しか情報がない。
俺が子供の頃みたいに「ごめん、ちょっとお醤油かして^^」みたいな乗りもないしね。
もっとも、醤油ぐらい1分歩けばコンビニで買えるんだけど、何か寂しいね。


c0112583_209133.jpg
いやいやいやいやいや。
今日はそんな話じゃなくて、近所の秋祭りでございます。


c0112583_20113941.jpg
京都は神社仏閣が多いから、うちの近所の氏神様と言えば猿田彦神社なんだろうけど、左に5分歩けば、知る人ぞ知る蚕の社(かいこのやしろ)がある。
でも、地元以外の殆んどの人は知らない(なんじゃそりゃ)。


c0112583_20101765.jpg
蚕の社は正式名称は正称は木島坐天照御魂神社(このしまに、ます、あまてるみたまじんじゃ)と言うらしい。
アマテルはアマテラス大御神のことだよな。
そんなすごい神社とは知らんかった(何せ、さっき調べてみたもんで)^^


c0112583_20123796.jpg
蚕の社の名称は養蚕(「ようさん」とは呼ばずに「こがい」と言う)神社であったところから呼ばれるようになったらしい。


c0112583_20141124.jpg
平安京を建設する際に力を尽くした秦始皇帝の末裔と称する融通王(弓月君ユンズノキミ)を始祖とする渡来人「秦氏」が深く関係しているらしい(とっても付け焼刃ですまぬ)。

センセー。さっきから「らしい」ばっかりじゃんw
うむ。とりあえず由緒正しい場所らしい。

また「らしい」って言ってるよ。大抵の神社は由緒あるんじゃないの?・・・・・ゴフッ、ゴフッ。
ソウかも知れん。


c0112583_2025218.jpg
珍しい三角鳥居。京都にも3っつしか存在しない。
スミマセン・・・・・コレもさっき仕入れたネタです・・・・orz



おまけの屋台写真他

c0112583_225131.jpg
威勢のいいオバちゃんだったけど、タバコ吸いながらから唐揚げを揚げてた。ヘビースモーカーw


c0112583_2018747.jpg
小さな祭りだから、出店も7軒。数が少ない分にぎわってたから、祗園祭りよりも身入りがいい鴨ねw


c0112583_20203296.jpg
三条通の奥まったところにあるけど、それなりに人もいて楽しかった。


c0112583_20225262.jpg
UFOも見物にやってきた


c0112583_2024549.jpg
このレンズ、安物なのにポテンシャル高いなぁ。
[PR]
by shigekings | 2007-10-07 20:35 | 日記
<< 夜勤明けの朝のベランダ 秋の花 >>