あだし野
日は仕事も休みだったので、嵐山嵯峨野の“あだし野”を散策してきました。
c0112583_224513.jpg
今は行楽のシーズンだからすごい人混みを予想してたんだけど、珍しく暇。(暇って言うのかな)
誰も歩いてない“あだし野”って珍しいから写真に撮れてよかったw



c0112583_2393563.jpg
この辺りは愛宕山のふもとで昔は旅籠町として栄えた場所(だと思う)。旧家が軒を連ねてますってば。


c0112583_2412818.jpg
京都に来るなら、この辺りは風情もあってお勧めだけど、嵐山から歩いてくると上り坂なので、疲れるかもね。
来るなら清滝までバスで上がってきて、念仏寺を拝観して嵐山まで降りていくのがいいコース取りだと思う。


c0112583_2424996.jpg
売れるものは鮎とお茶と団子と豆腐。後はあだし野まゆ村のまゆ細工ぐらいなものだけど、その辺が京都らしいといえば京都らしい。



c0112583_2441867.jpg
屋根は当たり前のようにわらぶきで、しかも・・・・・
c0112583_251481.jpg
苔がびっしり付いているw



c0112583_2541135.jpg
家から車で10分。お手軽に楽しませてもらえるのは京都に生まれた人間の特権ですなぁ。
あ。俺は大阪で生まれた男やさかい。



c0112583_375117.jpg
だし野念仏寺。有名な観光スポットです。
ほんのちょっとだけ紅葉を期待してたけど、やっぱり11月中旬を過ぎないと思うような色合いには出会えないみたい。

c0112583_310728.jpg




c0112583_3124955.jpg
観光スポットと言ってもお墓なので写真を撮るにも礼を欠かないように・・・・・・。


c0112583_318114.jpg
本尊 阿弥陀仏座像。


c0112583_3182583.jpg
周りは嵯峨野の竹林。この辺りは竹に囲まれた町。


して、もうひとつの念仏寺。
c0112583_322959.jpg
愛宕念仏寺。
「あたご」と書いて「おたぎ」と読む。
なんで普通にあたごと読まないのかは知ったこっちゃありません。
この寺はあだし野の街道のハズレにあるので観光に訪れた人も見逃しがちかも。
c0112583_3273691.jpg
ココには千二百体の羅漢が奉られていて、入っていきなりびっくりです。

c0112583_3334848.jpg
c0112583_3344567.jpg
c0112583_3364640.jpg
c0112583_3352314.jpg
おまぇら、うぜえよ。そんなことを言ってはもちろんいけません。

成記のブログは相変わらずダラダラと長いな。
書いてる成記も結構だるいのです。
でも、読まないとバチ当たりますよ。
続きはココ

ある日のこと -daylight side-
[PR]
by shigekings | 2007-11-01 02:18 | 日記
<< 小ネタではあるが、たまには文章... こんなぼくです。 >>