清水寺
c0112583_21415799.jpg

清水寺のライトアップを見に行こう、と思い立ったのは昨日の夜の7時半。
アイを飛ばして15分。
散歩をかねて食後の気軽な小旅行w







夕方から清水寺か嵐山のライトアップを見に行きたいなぁ、って思ってたんだけど、この時期に京都の行楽地に出かけるなんて人を見に行くようなもんだし、どうせ車も止められないし、で半ば諦めてました。
しかも、昨日は日曜日だしね。

でも、リビングにはPCのモニターを食い入るように見ている嫁の姿が・・・・・。

ナニをしてるのかと思ったらTimes(コインパーキングね)の情報を一所懸命に見てる。
「あ。この駐車場に一台空きができた」「ああ・・・・。入られたぁ;」とか言ってる。

そんなのがリアルタイムで判るのか・・・・ちと、びっくり。

7時を超えた辺りからチラホラと駐車場に空きが出だしたのを見計らって、繰り出してみたw
持つべきものは検索好きの嫁ですな^^

駐車場にアイを置いて東大路通りを横断すると、もう目の前に八坂の塔(法観寺)が見えてきた。
c0112583_0253140.jpg
旧い町並み、石畳の坂道、夜空に浮かぶ五重の塔。
いかにも京都でございって感じ^^



c0112583_23435241.jpg
二年坂。
夜の8時を回ってるのに、まだまだ人がわんさか。
どうせ人混みにもまれるから、と覚悟して三脚は持ってない。
道端ででかい三脚を広げると迷惑だもんね。

それは正解だったけど、光が足りなすぎる。思った以上に暗い::

何とかブレないようにと、稚拙なカメラの知識を総動員。あとは気合のみで勝負!
それでも撮った写真の5分の1ぐらいは使い物にならないぐらいブレブレ........orz

c0112583_23462542.jpg





山椒ちりめん美味しいよ。コレだけでご飯お代わりできるw

売り子の兄さんのカメラ目線が気になるな。



c0112583_2356759.jpg









和風とも言いがたい一風変わった喫茶店も、夜の闇に馴染んで違和感なし。

日本に似たどこかの異空間に紛れ込んだような不思議な感覚。



c0112583_0133246.jpg
清水道をゆっくり登る。写真を撮るために人の切れ間を待つのも大変だったりする。


c0112583_0153937.jpg



c0112583_0173679.jpg
家内はこの素焼きの人形が気に入ったらしい。


c0112583_0201768.jpg
三年坂は産寧坂とも言う。安産祈願の坂らしい(たぶん)。


c0112583_023401.jpg
三年坂のひょうたん屋。ひょうたんを売って生計が成り立つんだろうか、などと下世話なことを考えてしまう。
それにしてもひょうたんにも色んな形や大きさがあるもんだ。


c0112583_0293940.jpg
三年坂を上から見下ろしたところ。シャッタースピード5分の1秒。一脚だとこの辺が保持できる限界かも。


c0112583_034332.jpg
c0112583_0355100.jpg
嗚呼。光があるって素晴らしい・・・・・・・。


c0112583_0393333.jpg
やっと清水さんにご到着w
この辺りからいよいよ暗くなる。ブレないように大事をとってシャッタースピードを10分の1秒に固定。



c0112583_0415766.jpg
小さな写真だからわかりにくいけど、メチャメチャ粒子が粗い(言わなきゃバレないかも知れないのに・・・・・・


c0112583_0523267.jpg
紅葉はまだまだって感じ。10日後に来ればいいかもね。



c0112583_0556100.jpg




c0112583_0591160.jpg
うわぁ、しょぼい;;
誰か三脚貸してくれ!



c0112583_18786.jpg
清水の舞台を下から見たところ。
どうせブレるんならブレを楽しんでやる、とやけくそで撮った一枚。
シャッタースピードを2秒にしてシャッターが閉じる瞬間にフラッシュを焚く設定にすると、こんな変な写真も撮れたりする。

ってな感じでブラブラ散歩してたら小雨が降ってきた。
カメラが濡れるといけないのでブルゾンの内側にカメラを潜り込ませて、そそくさと退散。

他人が見るとハンチングかぶった男が上着の下に何か大事なブツを抱えて逃げているように見えたかも知れないが、散歩とは言え小旅行と銘打っている以上、旅の恥はかき捨てであるw

[PR]
by shigekings | 2007-11-20 01:20 | 日記
<< Suzuka World Ra... ただ風の前の塵に同じ・・・・。 >>