昨冬の写真と今年の冬
c0112583_0553384.jpg





寒い寒いと嘆いていたら、今年も寒さに段々と体が慣れてきた。



本来、夏男である俺は、ここで冬眠するべきであろうが、寝てばかりいると家のローンも払えない始末を迎えるビンポ人である。
ゆえに、マフラーに顔を半分めり込ませながらチャリンコをこいで仕事に向かうのが、とりあえず俺にとって真っ当なルーティンワークであろう。



年越しを両手と両足で数えられる季節を迎えるにあたり、さすがに毛布で寝るには朝方寒い。
昨日から布団を出してみた。



c0112583_119427.jpg

今年の写真ではあるが、ひとつ前の冬のそれを眺め、季節がまた一回りしてしまったことを知る。

この頃は冷えた街を眺めて何を考えていたのか、今は思い出せないが写真を見る限り不幸ではなかったようだ。



羽毛布団は温かい。コレでしばらく窓を開けて眠ることが出来る。

[PR]
by shigekings | 2007-12-17 01:35 | 日記
<< 波止場の赤い砂時計 総集編 >>