嵐山から奥嵯峨 - 梅と野鳥と古きを訪ねて
今日のは長い。心して読むヨロシw
c0112583_1241666.jpg
今日は家内が仕事だったので、久しぶりの一人っきりの休日だった。
朝に家内を京阪電車の出町柳まで送っていった帰り、ついでに植物園で枯れ木の並木を撮ろうと思った。
カメラはいつものように右肩にぶら下がっているし、空の機嫌も今日はよさそうだ。

c0112583_1251849.jpgいちいち載せてるとスペースばかり取るので割愛するけど、それなりに写真を撮って帰ろうと思ったら、一羽の小鳥が目についた。
写真を見てスズメとか言わないように。
私に言ってる?って思ったでしょ、そう、あなたですよ。鳥の名前は知らないから偉そうには言わないが、スズメよりちょっと大きめの鳥。
ちょうど18mm~250mmのズームレンズを付けていたので、もってこいだと思って撮影したんだけど、コレが意外と難しい。

考えてみれば、いままで野鳥を撮ったことって数えるほどしかない。ましてや、狙って撮影したことはない。野生の小鳥ってどうすれば撮れるんだろう。そう思った。

コレがプロローグねw

とりあえず部屋に戻ってレンズをもう一本。ダウンジャケットのポケットに70mm~300mmのズームレンズ、そして2倍のテレコンバーター。コレをカメラとレンズの間につけると300mmが倍の600mmになる。今日はスナッパーなので三脚は持たないが、後で後悔することは目に見えている。でも、機動性を重視して敢えて持たないことにする。野鳥を探して歩き回るわけだから装備は軽い方が断然有利だもんね。

c0112583_13154728.jpg
というわけで嵐電に揺られて嵐山に来た。
嵐電の駅を降りると目の前は天竜寺。とりあえずの目的地は亀山公園なのでおのずと天竜寺の参道を通り抜けることになる。
ここでも写真一杯撮ったけど、一度載せたような写真を載せるのも芸がないので泣く泣く省く;;

c0112583_1338447.jpg
一枚だけ、思い切り季節外れのハス池の写真を載せとこ。誰の目も引かなくなった風景には寂びがある。人によっては涙を流す。

c0112583_1455132.jpgc0112583_5153927.jpg
c0112583_517028.jpg
所どころに梅の花も咲いていた。春は着実に近づいてるね。先週は雪が積もってたのに。

c0112583_1423185.jpg
天竜寺総本山に向かう参道の途中の小さなお寺の境内で最初の野鳥を発見w
ネットで名前を検索してみたら一時間ぐらいかかった; ヒヨドリというらしい。
頭から尾までおよそ25cmはあったから小鳥とか言わないかもしれない^^;

c0112583_553120.jpg
大堰川に出るとユリカモメが飛んでいた。一応野鳥なのでこれもパチリw(桂川は渡月橋より上流は「おおいがわ」下流を「かつらがわ」と言うのだ。)

c0112583_62567.jpg
ついでにこいつらもw
上にいるのがヒドリガモの♂。下のは判別が付きにくいけど、くちばしが同じなのでヒドリガモの♀だと思う。

c0112583_6171983.jpg
亀山公園って言っても山の中の散歩道なので結構いい運動になる。紅梅が咲いていた。
ここで待ってたらウグイスとか来ないかなぁ。

c0112583_6213719.jpg
とか思ってたらジョウビタキがやってきた^^
やってきたけど、写真を撮らせてもらおうと近づくと逃げる。忍び足でそうッと歩くが、一定の距離まで近づくと、また逃げる。
どうせなら遠くに飛んでいけばいいのに、ちょっとだけ逃げる。なんなんだ^^;

c0112583_6304151.jpg亀山公園を出ると三叉路がある。
いつもなら竹林の中を通って嵐山に戻る。
今日は奥嵯峨まで足を延ばしてみることにした。
一人は寂しいけど、気温もちょうどいいし、新しい発見があるかも知れない。

それに、歩いていくのは初めてだ。
c0112583_6501542.jpg
御髪神社(みかみじんじゃ)。髪結いの神様を奉ってあるのはここだけなんだって。へぇ、意外だな。
理容美容師の方は参拝されてみてもいいのでは。c0112583_6551193.jpgc0112583_6542747.jpg
御髪神社の鳥居の前で一羽出てきた。道の真ん中にでんと座って「さあ。撮れ。」と言わんばかりである。
c0112583_723030.jpg
              どうやら羽は退化してしまっているようだ。絶滅危惧種のヤンバルクイナかも知れない。

c0112583_7123843.jpg
この辺りは旧い京都の山里の風情がそのまま残っている。
c0112583_714151.jpg
c0112583_7155044.jpg
何もしないで歩いているだけ。肩の力が抜けて、いつの間にか足取りもゆっくりになっていた。
何か忘れていたものを思い出したような、ほっとした気分になる。

c0112583_7285559.jpg
塀の向こう側が騒がしいので、そっと覗いて見るとメジロがいた。初めて見た。
鶏の玉子ぐらいの大きさ。メチャかわいいw

c0112583_734316.jpgc0112583_7353911.jpg














c0112583_7384965.jpg
こっちの気配を察知していない様子でのんびり遊んでるよ。

c0112583_8113942.jpg
あっ!気づかれた><;

c0112583_8161911.jpg
c0112583_8184848.jpg↑は「日本釈尊正法会」って書いてあるけどなんだろね。仏教の会かな。
←と↓は二尊院。c0112583_822753.jpg














c0112583_8223124.jpg


c0112583_8464180.jpg
とうとう、あだし野まで来てしまった^^;
c0112583_8523671.jpg
c0112583_85721100.jpg
ちょこちょこっと写真を撮ってUターンすることにした。
かなり歩いたので帰りはバスで嵐山まで戻るつもりだったけど、疲れてないから別経路で歩いて戻る。

c0112583_932469.jpg
途中でスズメとメジロの集会所を見つけた。メジロはもういいだろうからスズメの写真をw

c0112583_9112565.jpg
住宅街を歩いていても民家に挟まれて、こんな路地があったりするところが嵯峨野らしい。

c0112583_9171356.jpgc0112583_9174139.jpg
c0112583_919750.jpg
奥に進んでゆくとこんな所だった。

この後、清涼寺にも立ち寄ったけど、さすがにそれは明日にしよう。


今日わかった事
野鳥の写真を撮るのは長いレンズをぶれずに構える技と鳥を待つ忍耐も必要だと言うこと。

嵐山からあだし野までの距離は遠いけど、気分が和むので実際には意外と簡単に歩ききってしまえること。

c0112583_94636100.jpgユリカモメは眞鍋かおりに似ているという事。(逆かな^^)
c0112583_948557.jpgメジロの目は沢尻エリカそっくりだったということ。


たまたま去年の今日の日付のブログを読んでみたら、なんと嵐山に行ってるよ、俺ってば。
なんなんだろう。嵐山に行きたくなる日?
ちゃんと梅と鳥も撮ってるし^^;
ま。暇なら読んでよ。

c0112583_9535217.gif ←ここまで読んでクリックしてもらえたら、すごくうれしいという事w
[PR]
by shigekings | 2008-02-20 13:10 | 日記
<< この時期に夏みかん? 買い物を済ませたダイエーの駐車場 >>