祗園祭 山鉾巡行
c0112583_1435792.jpg
山鉾巡行を撮りたい。そう思った。実は去年も思ってた。

長い間、京都に住んでいて祇園祭の宵山には何度も足を運んだけど、山鉾巡行に立ち会ったのは何を隠そう今日が初めて。
夜勤三日目明けの朝。しかも今晩も夜勤。けれど7月17日は今日を逃すとまた一年待たねばならない。気合入れてこー。おう!
京都の梅雨は祗園さんと共に明ける。だから祇園祭は宵山を含めて雨に祟られることが多いのだ。
今年の京都は16日に梅雨明け宣言発表。
その公約通り本日は願ってもない晴天なり。ただし夜勤明けの目にはちとしみる^^;




c0112583_0363673.jpg寝るなぁ!眠るんじゃない!!




いやいや。貴方に言ったわけじゃないですよ。
自分に言い聞かせただけでw

でも、転ばないようにねw
こけたら最後、連写モードになってるのできっちりフレームに納めさせていただきます。(←思いきり狙ってるやんか・・・・)



c0112583_13420.jpg



c0112583_0421458.jpg



c0112583_0434664.jpg



c0112583_0454463.jpg



c0112583_0472754.jpg



c0112583_15351.jpg



c0112583_1145039.jpg



c0112583_1193960.jpg



c0112583_1234213.jpg



c0112583_1252387.jpg



c0112583_128912.jpg
実はずっと祇園祭をバカにしていた。おごそか過ぎる。そう思ってた。家内にも「アレは祭りじゃない」そんなことも言っていた。
でも、それは間違っていた。
みんな熱い。演じる方も見ている方も。
京都の猛暑にかぶせるくらいの熱気でやっている。気合の入り方がファインダーを通して飛び込んできた。
本当は誰が倒れても不思議じゃないぐらいの温度と湿度。
その中に涼しさすら感じさせるこの演出はなんだ?
昨日まで提灯をぶら下げて鎮座していた大きなマスが人の力で引かれ目の前を通り過ぎる。
そこに至るには苦労も疲労もあっただろうが微塵も感じさせられることはない。
古来から今に伝えられる粋を感じた。京都はすごい。

祗園祭。
TVの画面からは伝わらない。ぜひ一度体験されたし。
[PR]
by shigekings | 2008-07-19 01:37 | 日記
<< 海水浴 gion-matsuri (し... >>