<   2007年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧
光回線のDLスピードを上げてみようw
光回線を使ってる人は結構いると思うけど、通信速度100Mbpsって言うのは、あくまで理論上の速度だから、実際はずっと低い速度で通信してるはず。
試しにココで通信速度を測定してみて。
怪しいリンクが一杯貼り付けてあるけど、そっちには目をくれないでやってみてねw

ブロードバンド スピードテスト

どうでしたか?
100Mで通信してると信じてた人は、びっくりしたんじゃないでしょうか。

うちの回線はBフレッツ マンションタイプだけど、当初、通信速度は25Mbpsぐらいだった。
何とかスピードを上げようと思ってMTUの数値とかわけもわからずにいじったりして、なんとか35Mbpsぐらいまでは上げる事が出来きて満足してたんだけど、もっとすごいのがあったよ。
しかも超簡単w
ココをよく読んで実践するだけ、5分もかからないよ。

速度向上のポイント

もっと通信速度を上げたいっていう人は、ぜひやってみてねw
ちなみに、俺のPCの速度を、今測ってみたらば・・・・・・・
c0112583_1359416.jpg

73Mbpsでした。ダウンロード時に威力を発揮するのだww
[PR]
by shigekings | 2007-03-30 14:01 | 蛇の足
平野神社
(始めに・・・・・・ロゴ付きの写真はクリックで大きくなります)
c0112583_0241956.jpg
今日は家内も仕事が休みです。ネットで調べてみると平野神社が7分咲きという事で、早速お邪魔してみました。
しかし、実際はまだまだ咲き始めといったところで、期待以下の3分咲きと、思った以上の人混みでした。
c0112583_15338.jpg


c0112583_0362096.jpg
c0112583_037186.jpg
c0112583_2442438.jpg
しかし、ここにも早咲きの枝垂れ桜が一本だけ咲きまくり状態で、一手に人を集めています。すごく中途半端な枝垂れ具合だけど、まぁ、いいか^^花は白っぽくて、小さくて。コレはなんと言うサクラなんでしょうか。アップで見るとソメイヨシノとは全然違いますね。よくわからんw

c0112583_0455351.jpg
c0112583_0463192.jpg
c0112583_0505047.jpg
c0112583_0512335.jpg
ねw 全然7分咲きって感じじゃないでしょ。

c0112583_0542543.jpg
c0112583_055446.jpg
しょうがないからってワケじゃないけど、こんな花も咲いていたので収めてきました。
名前は、もちろん知りません。

c0112583_058517.jpg
c0112583_059152.jpg
サクラとよく似たこの花。実はアーモンドなんだって。アーモンドってサクラの仲間だったんだ。
c0112583_115026.jpg
さしずめ成人式の二次会で酔っ払った女の子って感じですかw
[PR]
by shigekings | 2007-03-30 01:03 | 日記
サクラ咲く
c0112583_23313828.jpg
最近、酒が弱くなって、ちょっと飲んだだけで、すぐに酔うようになってきました。
科学的根拠があるかどうか知らないけど、体力の衰え具合と比例して酒も弱くなっていくような気がしてならない今日この頃。
20代の頃は壁を殴っても痛く無かったのに、今じゃその辺に手が当たるだけで痛がってるようじゃ、体力以前にひ弱になってるとも言えますが・・・・・・orz
ちょっと缶ビールを飲むだけで酔うなんて、数年前には思ってもみませんでした。お茶と大して変らない飲み物だと認識していたんですが。
ま、コレも省エネの一環ということでよしとしましょう。

さて、と言うか、やっと京都にも春がやってきました。今週の頭ぐらいからチラホラとサクラの開花が始まりました。
第一弾は、うちの近所の天神川沿いのサクラです。
ココは地元の人間以外知らない穴場ですが、川に沿って50本ぐらいのサクラが並んでいて満開になると壮観です。

c0112583_23393965.jpg
c0112583_23491551.jpg
その中に毎年一本だけ早咲きのソメイヨシノがあり、他のサクラがようやくつぼみを膨らませ始めた頃にはいつも満開。今年も例に漏れず、威勢良く欠伸をするように、四肢を天に向かって伸ばしています。

c0112583_235266.jpg
c0112583_23535390.jpg
毎日、仕事の帰りにチャリンコで遠回りをして咲き具合を確かめた甲斐がありました。まだ、近所の人も気づいてないらしく、常時5人ぐらいが入れ替わり集まっていますが、写真を撮るには全然邪魔になりませんwc0112583_094590.jpg
c0112583_0104044.jpg
うっとうしいぐらいに乱れ咲く花には圧倒されますが、俺は木の幹に照れくさそうに開いている花びらになぜか心を惹かれます。
c0112583_2494025.jpg

木の根元に慎ましく花を咲かせていてもサクラはサクラ。
こちらの方が恥じらいを知っている分、けなげな感じがしませんか。
[PR]
by shigekings | 2007-03-30 00:19 | 日記
節電
c0112583_0162484.jpg

[PR]
by shigekings | 2007-03-27 00:17 | 日記
赤は止まれ、黄色は注意、青になったら渡ろう
c0112583_223557.jpg遠くに見える
シグナルを頼りに
停まったり 走ったり

目の前を 足早に
あるいは のんびりと
通り過ぎる群集

喜びや 悲しみや
怒りを胸に
人並みは
どこへ向かうの

今 アクセルを
床一杯に 踏み込めば
なにが 起こるの

そんなことを
考えてる車が
あちらに こちらに

頭の上の
シグナルを 頼りに
今日も みんな
停まったり 走ったり

[PR]
by shigekings | 2007-03-26 02:26 | たわごと
ポッポの物語
店をやっていた時のこと。
ショッピングセンターの3Fにあるうちの店は中庭と隣接していたんだ。
中庭は四方をガラスで囲まれていて、食事をしながら日本庭園を楽しめる様になっていた。

いつからかそこに一匹の鳩が住み着くようになった。
よく見ると片方の羽がだらりとしている。どうやら大きなガラス窓に激突して飛べないらしい。
地べたをうろうろと歩いている。

日本庭園といっても草木が植えてあるだけで、鳩の食べるものなんかないし、いつか餓えて死んでしまうかも知れないので、鳩の餌を買ってきてその辺にばら撒いてあげてたんだ。
そのうち羽が直ったら飛べるようになるだろうと思って。

でも、いつまで経っても鳩の羽は力なく垂れ下がったまま。

いつのことだったか沢山の雨が降って、中庭も水浸しになった。外は冬。鳩の餌も食べられたもんじゃないだろうし、巣もないそいつは羽毛を逆立てて水溜りの中で寒そうにしてた。
このままでは死んでしまうと思って、そいつを保護することにした。したのはいいが、こいつがなかなかすばしこい。捕まるまいと逃げ回る鳩を追い回す俺の姿はきっと面白かっただろうな^^

口ばしであちこち突つかれながら、やっとそいつを捕まえて、ダンボールに入れて家に連れ帰った。
ポリバケツにお湯を入れて鳩をその中に入れてあげた。よほど気持ちがいいのか鳩は目をつぶってじっとしていた。知らないだろうけど、鳩は水鳥でもないのに水に浮かぶことができるんだよ。

30分ほどお湯に浮かべていると羽の中から、小さな虫が出てくる出てくる。びっくりしたよ。野生の鳩ってこんなに沢山の虫に寄生されてるのか。
すぐに除虫剤を妻が買ってきてくれた。それを羽にまぶしてやると、すごい数の虫が新聞紙の上に落ちて死んだ。気色悪かったけど、コレでこいつも身体が痒くなることもないだろう。

こっちの好意も知らずに、手負いの鳩はすごく警戒していて、近づくとすぐに手に噛み付いてくる。部屋の中では落ち着かないだろうからダンボールで巣箱をこしらえてあげてベランダで買うことにした。名前はポッポに決まった。

妻が動物病院に連れて行って診てもらうと、骨は折れていないので後は本人のやる気次第、と言う診断だった^^;

餌を与えているせいか段々と元気になっていくポッポだったが、体力がつくにしたがって一層攻撃的になっていった。巣箱を掃除しようとすると滅茶苦茶に突付いてくるから、すごく痛い。

それでも何とか飛べる様にしてやりたいので、部屋の中で低いところから放り投げたりして羽ばたく練習をさせていた。ポッポにとってはいじめられてるとしか思えないだろうけど、しょうがない。

時折、複数の鳴き声がするので、気づかれないようにベランダを覗くと、どこからか鳩の友達がやってくるようになっていた。

どうやらうちの家族はポッポに嫌われているようなので、なるべく構わないようにしてたつもりだったけど、それでもストレスが溜まっていたらしい。ポッポは自分の胸の羽毛をむしるようになってきた。円形脱毛のように羽が抜けて地肌が見えて痛々しいが、軟膏を塗ってやるぐらいしかできることがない。
これ以上飼っていてもかわいそうだから動物園に預けた方がいいのかな。
妻とそんな話をしていた。

そんな矢先のある朝、ベランダを覗くとポッポの姿はなかった。
4Fのベランダから飛び降りたようだ、すぐに下に降りてベランダの下の植え込みや溝や建物の隙間を探したけど、ポッポの姿はなかった。
道路に飛び出して、車に轢かれてるかもしれないので、近所の道路を探し回ったがどこにも見当たらなかった。

あいつは飛んで行ったんだろうか。
あるいは猫にやられてしまったかも知れない。
いずれにせよ、野生のあいつは最後まで野生を貫き通した。
俺はあいつにとって迷惑な存在でしかなかったんだな。ごめんよ。


c0112583_29012.jpg
あれから何年も経つけれど、近所で鳩の群れを見ると片方の羽が下がってるやつがいないか探してしまう。
[PR]
by shigekings | 2007-03-25 02:09 | 回顧録
くずは
c0112583_09298.jpg
実家に立ち寄ったとき車にカメラを積んでいたので、近所の氏神を祭った神社を訪問しました。
交野天神社。桓武天皇が立ち寄ったときに作られたとか、そうじゃないとか(知らんのだ)。小さな神社だけど、由緒正しい所だそうです。
この神社のおかげでこの一帯だけ、子供の当時のままで保存されています。
c0112583_0161899.jpg
c0112583_0164275.jpg
ここでもやっぱり、狛犬は口を開けてるのと閉じてるのがつがいだ。間違いない、日本中の狛犬がそうだろう。(おいおい;)
c0112583_0201397.jpg
林の中を歩いているとウグイスの鳴き声が聞こえました。この時期のウグイスは初心者が多いので、ホーッキョッとかで止まる未熟なやつが多いのですが、こいつは見事に綺麗に啼いていました。
頭の上からカタカタとうるさい音がするので見上げると、啄木鳥が木に穴を開けてる最中でした。(たくぼくじゃないよ、キツツキです)(それよりオイ、キツツキの写真はどした写真は?)......orz
思い出を絡ませないで普通に見ると、まだまだ自然の残された町かもしれません。
42階建ての高層マンションとキツツキが同居してるんですから。c0112583_0352163.jpg
c0112583_0372448.jpg
ついでに椿としだれ桜も同居していました。この辺で桜が開花したと言う情報は入ってないんですが^^報告すればいいのだろうか・・・・・
c0112583_0422927.jpg
神社の横の公園でも色んな花が植えられていたので、ついシャッターを押しました。木蓮咲きまくり、でかいな;
c0112583_0505476.jpg
木蓮の風車はけーんwc0112583_0513471.jpg
c0112583_0515727.jpg
菜の花畑と、えと、コレはなんでしょうか。綺麗でしたw
c0112583_056429.jpgこの鉢の大群はどうやら予備軍のようですね。














パンジーのようですが「僕ドラエモン」とだけ書いてありました。
c0112583_059492.jpg

そうこうしてるうちに日も暮れだしてあたりはDeep Perple
c0112583_17381.jpg

[PR]
by shigekings | 2007-03-24 01:18 | 日記
Kuzuha
車を購入したのでドライブがてら、楠葉の実家を訪れた。
京阪電鉄を利用すれば大阪まで35分京都まで25分のまさしくベットタウン。
淀川もここはまだかろうじて水はよどんでいない。対岸はサントリーのウィスキー工場がある山崎。

俺が中学生に上がるときにこの町に引っ越してきた。
その頃は本当にど田舎で朝早くに窓を明けると道路にウサギが二本足でひょいと立ってこちらを眺めてたこともあった^^
それもびっくりだけど、舗装した道路の脇のみぞに透明の川エビが沢山生息してたんだから、どのぐらい自然が残っていたか想像できるだろう。

夏は夜中に30分も山に入ると、40×30×35cmぐらいのプラスチックの水槽に、ふたが閉まらないぐらい沢山のカブトムシとクワガタが採れたもんだ。
こちらでは(多分京都もそうだと思うけど未確認)クワガタって呼ばないんだ。
ミヤマクワガタっていう鎧を身にまとったようなメチャかっこいいけど、情けないほど弱いクワガタを“平家”。大クワガタを代表してヒラタクワガタやコクワガタなどの平べったいクワガタを“源氏”って呼んでた。
俺は平家のフォルムが大好きだったんだけど、源氏と一緒に一晩水槽に入れておくと、朝起きたときには必ず平家は首を飛ばされてた^^;
懐かしいな。
あの山々もほとんど住宅街になってナントカが丘とか、それらしい名前がついている。カブトムシは・・・・・いるはずも無いか;

何百年以上も前からあった山を簡単につぶしてしまって、本当にコレで未来は明るいと言えるんだろうか?少なくとも日本が水の豊かな国だったのは過去のことだろうね。すでにどの家庭も飲料水をマーケットで買って飲んでるんだから。

昔、山に源氏を採りに入ったときの事。中二の夏休みだったかな。
川の中にすごく美しい魚を見つけたことがあった。背中が青緑色で黒い斑点が星のように付いていて、5匹ぐらいで悠々と泳いでいた。
すごくそいつが欲しくなって、急いで自転車をこいで家に戻って網とか竿とか持ってその場に戻ったけど、その魚はどこかに行って、もういなかった。
大人になってアマゴの写真を見たときにわかった。あの時、俺が見たのはこいつだったんだって。
コレが俺がアマゴ釣りを始めたきっかけだな。

今では各地の漁協が頑張って稚魚とか発眼卵とかを放流してるから、アマゴは普通に釣れるけど、読み物を開くと俺が中二の当時はすでに絶滅種とされていた。幻の渓流魚だったんだ。
そんな魚が当時、楠葉にはいたんだ。

あの山も今は無く、俺の記憶の中にしかそびえていない。

[PR]
by shigekings | 2007-03-23 23:42 | 日記
日暮れの訪問者
息子は大の虫嫌い。
リビングでPCを開いていたが、なんか大きな虫が飛んでる、と騒ぎ出した。
どれどれ、と探してみるとPCのコードに小さなコガネムシが一匹。
どこが大きな虫なんだ^^
多分、洗濯物にでもくっついて入って来たんだろ。
唯一カブトムシ系だけは大丈夫な息子は一安心。

背中に白い斑点がある。ハナムグリだなw
ネットで調べてみるとこいつの本名はシロテンハナムグリ。活動時期は5月~9月。
ちょっと早く土から出てしまったのか。

うちの家ではこういう小さな訪問者にはほどこしをあげる習わしがあるので、妻が早速ティッシュに黒糖を水で溶いてご馳走してあげた。
すぐに夢中になって飲んでるよ。やっぱりお腹が空いてたんだなw

外が暖かくなるまでここで待ってるといいよ。
c0112583_21113750.jpg

[PR]
by shigekings | 2007-03-22 21:12 | 日記
Loop count error
ぶっちゃけの話。
こんなことを話し出すと身も蓋もない。たわごと聞きたくない人は読まないで。

ブラックバス釣りに代表されるルアーフィッシングは、基本的にキャッチ&リリース。
釣った魚を無闇に殺さずに逃がしてあげる、ってこと。
ビデオで見たことあるだろう。バスアングラーが長時間かけて吊り上げたバスの口を持って高くかかげてにっこり笑って、その後キスして逃がしてあげてるシーン。
なんて自然に優しい遊び人なんだろう。

そんなこと思うわけない。

口にフックをかけられて、痛いのに必死でもがいて逃げて、それでも糸は切れなくて、体力尽きて吊り上げられた挙句「Good fight!」なんて言われる魚の身になってみれば、人間の身勝手さがよくわかる。
魚はヌメヌメしてて気持ち悪い人もいるだろうけど、人間の手にも雑菌が一杯ついていて、人の手に触れた魚は高い確率で皮膚病になるそうだ。しかも泳ぐ力も尽きた魚だ。逃がされても、死んでしまうか、元の状態に戻るまで相当時間がかかる。
キャッチ&リリースなんて奇麗事だ。魚を大切に思うなら釣らなければいいんだから。

琵琶湖を代表する漁協は在来種が絶滅するからという理由づけで、ブラックバスやブルーギルの駆逐に躍起になっている。バスはFish eater、魚を食う魚だからね。
でも、ちょっと考えて見たら在来種は絶滅しないってすぐにわかる。
バスが小魚を食べる→バスが増えて小魚が減る→小魚が減るとバスは餓えて死ぬ→バスが減ると小魚が繁殖する。自然界の摂理でしょ。どこかで均等が保たれる。人が手をかけなければね。
漁協は自分たちが獲る魚が減るから死活問題なんだろうけど、問題を置き換えてる。
バスを食べる方向で話を進めればいいのに。
大体ブラックバスもブルーギルも日本が餓えていた頃に食用魚として進んで輸入したくせに、今になって悪者扱いか。
日本中にバスが広まったのも、琵琶湖の稚鮎を各地の河川に無制限に放流したから、一緒にバスの稚魚が混じっていたからであって、釣り好きが川に放した、なんて話は無いとは言えないけど、信憑性にかけるね。

俺はキャッチ&リリースは基本的にしないから、バスでも釣ったら食べる。
アマゴもチビはリリースすることが義務付けられてるから、身体に触らないように逃がすけど、大体は焼いて食べる。
俺と勝負して負けたんだから大人しく食べられろ、って言うのが理由だけど、コレとて怪しいもんだ。単なる俺のジェスチャーに過ぎないね。
わざわざ釣らなくても他に食べるものはいくらでもあるんだから。
告白すると俺は狩りが好きなんだろう。
清流の白泡の中から魚を引き抜いた瞬間は達成感を感じる。
魚を愛してるけど、魚を殺すことに喜びを見出してる。俺はこんなやつだ。
コレが俺の背負った業なんだろう。
対人でも似たようなことをきっとしてるはず。いつか報いを受けなければいけない。

でも人はみんなどんぐりの背比べのようなもの。
自分が手をかけなくても誰かに殺してもらったた牛や豚を食べているし、小鳥をかわいいと言いながら、鶏肉を食べてる。私はベジタリアンだから、なんて話しになると、植物も生きているけど・・・・なんて話に進展してしまって、後頭部から煙が立つよね。
人間なんて所詮こんな生き物だ。
でも、そこから話をしないとダメな気がする。
自分は悪いことをしてるんだって認めるところから始めないと好転はしないだろな。

バス釣りの話から、なんだか壮大なテーマに切り込んでしまってちょっと後悔してるけど、大事なことだよね。ぐるぐる回って振り出しに戻るだけかも知れないけど。

[PR]
by shigekings | 2007-03-21 13:10 | たわごと