<   2007年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
鎮魂歌
クリックででかくなるのもあったりする。
c0112583_36610.jpg
鎮魂歌。レクイエム・・・・・・・・・美味いんだろうか?

そういうボケはいらない、と口はばからぬ賢者の皆様も今回ばかりは見て損はなし。
時間の無駄だった、と後悔の念にさいなまれること請け合いの成記のブログ。始まり始まりぃ。

前回までのあらすじ
戸棚を開けたまま成記はしばし呆然と立ち尽くしていた。
戸棚の中では作りかけのプラモが所狭しと並び、我先に作れと言わんばかりの怨念を放っていたためである。
扉を閉めた成記は、忘却の彼方にプラモたちを葬るべく模索した。
「さようなら私の愛したスケールモデル達よ」
真夜中に近所の迷惑も顧みず泣きながらそう叫ぶと、成記は一心不乱にシャッターを押していた。
タラちゃんデス。どうしてタマにはおひげがあるのにボクには生えないデスか。ボクも猫さんになりたいデスゥ。さて、来週のサザエさんは・・・・

c0112583_226236.jpg
c0112583_151146.jpg
c0112583_17578.jpg
FERRARI F310B
ご存知(なのか?)ミハエル・シューマッハが大暴れした頃の愛機である。
シャーシも完成してる。カウルもほぼ完成してる。エンジンもタイヤもまあまあ満足のいく仕上がり。タイヤのバリはサンドペーパーで落とすのが常套なのだがわざと残してある。本物の新品のスリックタイヤにもバリが付いているからというのが理由。
でもこれらを組むとカウルの段差が気に入らない。
なので中断した。


c0112583_2355085.jpg
c0112583_175925.jpg

c0112583_2405724.jpg
c0112583_2411490.jpg
RX-78 GUNDAM GP02A サイサリス
かなり気合入れて作成してた。
プロポーションはパテとプラ版で相当手直しした。
青い部分の塗装は光が当たるとピンクの反射を返すように、下地のサーフェイサーを含めると6層構造になっている。
プラモデル用の塗料は弱いのですぐ剥げる。
ガンダムは可動することを考慮して、白と赤の塗装には強固な自動車用のペイントを使用した。
白はトヨタのスーパーホワイトⅡを、赤はフェアレディZ専用のサンシャインレッドを使った。
頭部は一番懲りたかった部分。ヘルムは形が出来上がったが、顔は何度パテで作っても、あの苦虫を噛み潰したような武者顔にならず、泣く泣く御蔵入り。


c0112583_259790.jpg
c0112583_38613.jpg
c0112583_381986.jpg
スバル インプレッサWRC ’98 MONTE-CARLO
コレで大体60%ぐらいは完成してる。
デカール(シールみたいな奴ね)を貼ってクリア塗装でデカールの段差を埋めてボディとツライチにしたら細かいモール部分を仕上げる予定だったが、左ドアのデカール貼りでしわができた。
デカールは取り寄せることが出来るけど、鏡面塗装に張り付いた古いデカールが剥れてくれない。内装もボディ下部も結構手を入れたのだが・・・・・;


c0112583_3213545.jpg
MS-06S ZAKUⅡ シャア専用
サーフェーサーをほぼ吹き終えた状態。
右肩の動きが気に入らないので、プラ版等を使って間接を新造している途中。
特に不備はなさそうだが、創作意欲を欠いたと思われる。
ガンプラはなぜかいつも武器を先に作るくせがあって、武器だけ完成してたりする^^


c0112583_3302647.jpg
c0112583_3312613.jpg
c0112583_331456.jpg
c0112583_3322655.jpg
KAWASAKI ゼファー
塗装で何処まで本物の金属感を出せるかをテーマに作成した。ほぼ完成しかけていた。
シートを接着するときに瞬着(いわゆるアロンアルファ)を使用したのだが、一般用を用いたためにシートとカウルの継ぎ目にかぶりが発生してしまった。気を抜くとこういう目に合う^^;
リペアできなくもないが、ボディ色の塗料を使い切ってしまっていたため、再度塗料を調合してみたのだが同じ色を出せずあきらめた。



こうやってあらためて眺めて見ると気の遠くなるような作業をやってたんだなぁ。
よくやるよ俺もw
完成品もお見せしたかったけど、すぐに人にあげてしまうので、手元にはジャンク品ばっかり^^;
思い入れのある奴らだけど、処分します。
[PR]
by shigekings | 2007-08-31 03:46 | 日記
今日の月
満月じゃないけど綺麗な月でしたw
c0112583_21305477.jpg


ホームセンターでお手軽写真
[PR]
by shigekings | 2007-08-26 21:15 | 日記
明石海峡大橋 act5 最終決戦
と、言うのは嘘。ま、半分嘘でもない。

てなワケで、ゆきちゃんからバトンの指名されちゃったぞ。
普段はバトンなんてやらない人だから珍しいこっちゃw

コレを見た人はみんなやるんだよ。絶対だよw
AさんもGさんもKさんもMさんもNさんもRさんもSさんもJさんもTさんもYさんもWさんも(アルファベット順)ちゃんとやってねw
(頭文字の重なる人が一杯いてチョット得したぞ)

ハンゲームも最近は全然やってないし、もうバトンなんてやることは無いだろうと思っていたけど、たまにはいいか^^
かなり、ええ加減に気合を入れてみた。

久々にやると照れるから、占いみたいに他人が言ってる風に仕上げてみようっとw

ついでに余ってる明石大橋編の写真でも載せてみる。この辺に著者の良心を感じよ〔ざ行・上一段活用・命令形〕。



★恋愛バトン★

c0112583_13371172.jpg①外見のタイプ
貴方は女性的なルックスの人に惹かれる傾向が強いようです。
例えば長い髪の毛であるとか細いウエストとか、女性をイメージさせるポイントに目を持っていかれますね。
その割りに、胸の豊かな女性が苦手なのは不思議ですね。

②内面のタイプ
貴方は母性愛をあまり必要としていません。それは胸の大きな女性が苦手だと言うところにも表れています。
自分と同等の人、価値観を共有できる人が貴方にピッタリだと思います。


c0112583_13402328.jpg③対象は何歳~何歳

5歳~12歳。
かなり慌てたようですね。もちろん冗談です。
特に対象年齢を意識している様子はありませんが、対等に会話が出来ることが前提ですね。

④無口な人orしゃべる人
貴方は無口な人でもおしゃべりな人でもどちらにも対応できる人です。
なので特にどちらが良いとか考えたりはしないはず。<段々あきてきている>

⑤異性のここに弱い
貴方は異性に泣かれると怒りもどこかに忘れてしまうほど涙に弱い人です。
後はむこうずね。ココは弁慶の泣き所とも呼ばれ、恐いもの知らずの弁慶ですら(以下略)
<かなり適当になってきている>


c0112583_13431866.jpg
⑥言われたり、されたら嫌な事
貴方は嫌なことを言われたり、されたりしたら嫌ですね。
指を指されて「うわぁ。あほやぁ。あほー。あほー。」とか言われるとむかつくタイプの人です。
特に指した指をクリクリ回されながら言われると怒りは頂点に達するでしょう。

c0112583_13464347.jpg⑦好きな人が出来たら、どんな行動をとるか
犬は喜び庭かけまわり、猫はコタツで丸くなるでしょう。

⑧積極的or消極的
ほとんど④番の答と一緒でしょう。<どうでもよくなってきている>


c0112583_13504989.jpg⑨告白したいorされたい
もう、このへんでいいでしょう。


読んだ人はちゃんとバトン受け取ってよ。
やらない人は・・・・・・・・うーん。どうしてあげよう。何が欲しい?(あげてどうする)



うわ。写真、全然載せられないな。
続きは明日にでも追伸するとしよw
[PR]
by shigekings | 2007-08-24 13:54 | たわごと
秋の気配と夏の雲
(写真は全て大きくなります)
c0112583_3351043.jpg
今日の雲行きは(正確には昨日だけど)非常に怪しかった。

家内と夕食の材料を買出しに行って、家に帰ってから久しぶりに夕焼けを狙ってシャッターを切ってみた。
頭のすぐそばまで降りてきそうな黒い雲が低く北に流れていた。
その上空を秋を思わせる千切れた雲が南に向かってたなびいているという、とても不思議な光景。

まず頬を染め出したのは天高くそよぐ雲。

雲の足並みは速く、夏と秋はおのおの北へ南へ移動しながら5分を待たずに空の模様を変えていく。
c0112583_3472037.jpg
太陽が着地する頃合いには下の夏雲が陽をさえぎり、さっきまでの夕焼けは嘘のように消えて青い空が再び顔を覗かせる。


c0112583_434934.jpg
5分後。
太陽が暖簾をくぐると今度は下の雲が燃え出した。


c0112583_4886.jpg
カラスの群れも家路を急ぐ。
「隊長、あれはカラスでは無く白鷺であります。」しぃー><;.........いいところなんだから。


c0112583_4143828.jpg
やがて太陽は名残を惜しむこともなく、地球を一周するために、火砕流のような羊たちを引き連れて山の向こうに消えていった。

誰も知らない夏と秋との交代劇。わずか30分のドラマである。

あとがき?
[PR]
by shigekings | 2007-08-21 04:59 | 日記
成記流ムシの捕まえ方
供の頃はムシ博士だった。
なのでムシを捕まえるのも、今から思えばかなりユニークな方法を使っていたと思う。
大人の皆様にこんな情報を垂れ流しても何の役にも立たないのである。
それでも書いてしまうところが成記の痛いところではある。

セミの簡単な捕まえ方

ちのマンションは出来てから2年とちょい。なのに玄関先のカエデの木にはセミが一杯集まってる。カエデの樹液は相当ウマイとみえる。
俺はモミジの天麩羅なら食べたことある。それなりに喰えるけどほとんど衣の味だな。
セミは天麩羅喰うんだろうか?喰わないだろうな。
(天麩羅に群がるセミを想像してみた。気持ちわる。でかい分だけハエよりも始末が悪いな。)

んな事はどうでもいい。
とにかく朝も7時を迎える頃から、うちのマンションの前のカエデにはセミが群がって大合唱してるのだ。
何も知らない子供達は網を片手に一所懸命にセミと格闘してるけど、セミを簡単に捕まえたいなら俺に聞くよろし。

体セミが鳴いてるときはセミの活性が高いから簡単には捕まえられない。
なので、果報は寝て待て。賢い中国人はセミの活性が低いときを狙うのだ、知らんけど。

当の所はどうなのかわからないけど、俺の経験からすると朝に鳴きまくったセミは疲れて昼寝する。
正午になるまで待ってると、あんなにうるさかったセミの鳴き声がピタっと止む。
セミが昼寝を始めた証拠だ。
嘘だと思うなら注意して近所のセミの声を聞いてみることだね。俺の言うことがわかるはずだから。

の頃にカエデのそばに行ってみるとセミはどこかに行った訳じゃなく、やっぱり一杯木にたかってる。
そのままズカズカと木に近づいておもむろにセミを掴んでみる。
網も鳥もちも要らない。
セミは馬鹿だから、捕らえられた仲間が必死でピンチの声をあげても逃げようとしないで知らん顔。
ついでに言うと、捕まえられると困るから高いところで寝よう、とかの考えも及ばないらしい。
割と低い位置の木陰でグーグー寝てるから子供でも簡単に捕まえられる。

実践してみた。

ほら簡単w

他にもあるの?って人はココをクリックw
[PR]
by shigekings | 2007-08-20 08:56 | たわごと
そろそろ整理しないとな・・・・・・
棚の中の作りかけとか手付かずとか・・・・・・・。
c0112583_11105451.jpg
コレの3倍はまだある................orz
[PR]
by shigekings | 2007-08-12 11:12 | たわごと
8月の空
昨晩は疲れていたのか、零時前になんとなくベッドに横になるとそのまま眠ってしまったようですw
はたと目が覚めると朝の四時。こんな半端な時間に起きて何をすればいいのだか^^;
あらら。本文とは何の脈絡も無いことを連ねてしまった。

何もすることが無かったのでエキブロのレポートを見ていたら前回の「法金剛院」の記事がちょうど100件目でした。
今年の2月から始めたこのブログ。
飽き性の俺がココまで続けられたなんて自分でもびっくりです。
今から同じものを書き直せと言われても絶対無理。まさに継続は力なりですね。
何はともあれ、めでたしw

それでは101回目のaction始めてみます。


c0112583_1240096.jpg
盆も近いこともあり楠葉の実家に母親を残暑見舞いに行ってきました。
枚方の田舎町の屋根から綿菓子が顔を覗かせていました。


c0112583_12463017.jpg
まさに採れたてほやほやの太秦の空。ニューエントリーするために今写してきました^^
ベランダから望む西の空は大きな雲が低く垂れ込めていて天気はいいけど曇ってる、そんな状態です。


c0112583_125223.jpg
玄関に回って東側の写真もパチリ。(大きくなります)
中央に浮かぶ雲に露出を集中させたらなんとも言えない不思議な一枚が出来上がりました。
雲までが、まるで円谷映画の特撮シーンのミニチュアみたいでしょw

時間はほぼ正午。浮かんでいるのはみんな入道雲のジュニア達です。
太陽の光で熱せられた水蒸気が上空の寒気にさらされ凍りついたらこんな雲が出来上がります。
午後3時を迎える頃にはみんな仲良く集まって大きな入道雲になるはず。
残念だけど、これから眠りに就くので立派に成人した入道雲の写真はきっと撮れません。今日からまた夜勤です^^


c0112583_13841.jpg
宇宙船から見た地球・・・・・・・のような写真。本当はベランダから見上げた太陽。

7月の雲
[PR]
by shigekings | 2007-08-09 13:14 | 日記
法金剛院
今日は、今一元気がない。
なので溜まってきたストックの中から、いい加減時期ハズレになりそうな写真を載せてみる。
ある意味、場つなぎの写真なのでテケトーに流し見てくださいwc0112583_0392746.jpgc0112583_039482.jpg
c0112583_0421541.jpg
c0112583_0443442.jpgc0112583_0444859.jpg
c0112583_0462966.jpg
c0112583_048931.jpg
c0112583_049119.jpg c0112583_0493090.jpg
c0112583_0504024.jpg
アジサイの花って小さいのが群生して形を作ってるけど、コレってイソギンチャクの小さいのがが群生してる珊瑚と似てる。
このアジサイは普通より花弁が小さくてかわいかった。c0112583_0531976.jpgc0112583_054366.jpg
c0112583_0544833.jpgc0112583_0554994.jpg
c0112583_058444.jpg
c0112583_0582142.jpg
c0112583_121277.jpg c0112583_131091.jpg
c0112583_14063.jpg
c0112583_1102462.jpg
c0112583_112379.jpg
c0112583_1132722.jpg
カメラ向けられて撮り返すやつがあるかwc0112583_115548.jpgc0112583_1172157.jpg
c0112583_119452.jpg
c0112583_1202642.jpg
ハスの花って俺の好きな桃に似ている。下の写真はトケイ草。
c0112583_122610.jpg
c0112583_1233898.jpg
c0112583_1243458.jpg
結局、一度もまだデンデンムシを見てないな。
いつかどこかでみつけてアップしようと思ってたけど、今年は無理っぽい。
みなみさん渚さんごめんね。がんばって探したんだけどなぁ。

ところでここ、法金剛院は花のお寺だそうな。
[PR]
by shigekings | 2007-08-07 01:30 | 日記
タマネギw
近、なんだか世論がタマネギの方向に向かっているようでして、早めのエントリーが望ましいわけでありますが、わたくしの未熟なカメラの腕で世界一のタマネギの写真を撮ろうなど、おこがましいにもほどがあることは誰に言われるまでもなく、シャッターを押す前から自戒している始末ですた。

すがauberen様からのリクエストがあった以上、受けて立つのが発展途上カメラ小僧の避けては通れぬ道であると自分に言い聞かせ、もうこうなったらヤケクソ、コレも勉強であると喜んで引き受けた次第であります。



c0112583_0165164.jpg
ッドオニオンと名前で読んでみても明らかに赤ではなく濃い紫色をしております。
なので紫を一層際立たせようとピカサで紫色のフィルターをかけてみました。
あまり効果は無かったようです・・・・・・・・orz




c0112583_0203557.jpg
みの日には久世橋の近くのダイエーにクルマで家内と買い物に行くのが最近の休みの過ごし方なのですが、ココのダイエーはすごく気配りが行き届いていて家内もお気に入りです。きっと店長が腕の立つ人なのでしょう。
あ、関係ないですね。申し訳ありません。

返して見ると根っこが結構伸びてます。古いものをつかまされたのかも知れません。
しかし、前向きなわたくしは「収穫されて、なお根を伸ばすぐらい鮮度が高い」と解釈した次第です。



c0112583_0301388.jpg
真のために購入したレッドオニオン。
どんな料理に使えばよいのかと途方に暮れ、夜も眠れません。8時間ほどしか。

なたかサラダ以外にこの赤いタマネギの使い道を知っておられる方がおられましたらご一報くださると幸いでございます。
[PR]
by shigekings | 2007-08-05 00:37 | 日記
逃げ水を追いかけて
c0112583_3184742.jpg

暑中お見舞い申し上げます。

暦も葉月に突入しました。別名「草つ月」草木が生い茂る月ですね。
よく知りませんけど、旧暦では「紅染月」といい紅葉の季節だそうですが、現代を生きる俺にとっちゃ知ったこっちゃありません。
まだまだ暑い。コレからが暑い。

皆様、お仕事に家事に忙しい毎日と存じますが、どうぞ寝冷えなどなさらぬよう、クーラーや扇風機を上手に使い夏を乗り切ってくださいませ。.................................................................................................................................成記

「知らない人の為の逃げ水講座」
[PR]
by shigekings | 2007-08-03 03:33 | たわごと